左上2舌側深いポケットの原因?-歯根破折8倍速治療


▼治療別



この方は、いったん全体の虫歯治療が終了しメンテナンスを継続していた患者さまです。

メンテナンスに入る前から左上2の舌側の歯周ポケットがいくらか深いのはわかっていましたが、保険治療しか受けられたことがなかったことと、いままでこういった歯周病の治療に対する処置を経験されたことがなく、なかなか処置に対する同意が得られないまま左上2の舌側のポケットが深くなってしまっていました。

 

当初、原因がはっきり特定できず、通常のフラップオペを行いました。前歯の裏側の歯ぐきをいったん剥離し、状態を観察し、問題があればその場で対応するというところでしょうか。

実際、剥離してみますと、歯根が歯頸部で破折していることと、それがもとの原因と思われますが、深い部位に縁下歯石が多量に付着していました。

また、以前から歯周ポケットがあったようで以前受診していた歯科での歯石取りの器具の誤操作により歯の根っこにたくさん傷があり、そこに歯石が再度付着していた形跡がありました。

 

で、傷ついた歯根面を研磨し、歯石を取り歯ぐきを閉じました。

歯が折れている部分については、後でするとして手術を終了していました。

で、顕微鏡治療によって歯頸部から破折している部分の処置を行い、隔壁を作成し、根管治療を顕微鏡を用いて行っています。

実際の根管治療では、根管の中にこれ以外のヒビが見つかり、根管治療と同時にヒビの修復を行っています。

ヒビについては、折れている部分の歯質をなるだけ削合します。裏打ちの接着材でくっつけてもその間に細菌がたくさん繁殖していずれ大きく破折するからなんですね。

折れている断面をなるだけ超音波の機械で削合していってぎりぎりまで薄くしていってそこをファイバーコアを作成するときに同時に接着剤を流し込んでいきます。

ただし、この時点で、歯の温存はできても、舌側の骨がない状態は変わりません。

ですから、再度、舌側の歯ぐきを剥離し、骨の再生を促すためにエムドゲイン処置を行っています。

現在、この歯は順調に回復しています。

この方にとって自費治療そのものが初めてであられたようですが、歯を喪失する可能性が大きいことから今回マイクロスコープでの根管治療、歯根破折修復、エムドゲイン、クラウン修復処置を受けていただけました。


[更新日時] 2016年6月25日 ★ category : ▼治療別 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


成人矯正・前歯部反対咬合・組織誘導再生・インプラント


審美歯科 歯列矯正 歯周病 顎関節治療



この方は、当初歯周病の治療のために来院されました。

大変ストレスのかかるお仕事をされている方で、ヘビースモーカーの方でした。

たばこを吸わないとやってられない感じで、「禁煙してください」とは言えない雰囲気でしたね。

5328.mp4_000026059 5328.mp4_000037670 5328.mp4_0000308885328.mp4_000043116

上の写真が術前のレントゲンですが、右上7、左下7は動揺が強く、右下はそれまでないにしても揺れていました。

左上7についてはすでに欠損していました。

おそらく、この原因は、タバコによる歯周病と歯並びが原因と考えられました。

タバコをやめていただくことと、歯ぐきと骨の再生をすることでもなんとかはなるかと思われましたが、

タバコをやめるくらいなら「死んだ方がマシ」ということでしたね。

ですから、歯周再生療法とインプラント、そして矯正治療をさせていただきました。

治療を開始したのがほぼ還暦のころですね。

 

話はそれますが、成人の方で矯正治療をオススメすると「いまさら」と言われる方がおられますが、歯を残すために矯正治療をするという考え方をほとんどの方がご存じでないが残念です。

歯科の専門誌では、歯を残すための専門医の手段としてやはりインプラント、矯正、噛み合わせ、再生療法、精密根管治療は欠かせないアイテムなんですけどね。

 

ということで、この方の場合、揺れている奥歯を固定しながら、再生療法をしていったわけです。左上はインプラントですね。

そして再生療法と全体的な歯周病の状態が安定してきたころに矯正治療を開始しています。5328.mp4_000072346

上の写真はある程度、矯正治療が進んできたころの写真ですが、たばこのせいでヤニだらけではありますけどね。

5328.mp4_000124849

上の写真は歯周再生療法、矯正治療、インプラント治療が終わった状態の写真です。

このころもタバコはたくさん召し上がっておられました。やめる気はないということでしたが、今後がちょっと心配ですけどね。


[更新日時] 2016年5月31日 ★ category : 審美歯科, 歯列矯正, 歯周病, 顎関節治療 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


インプラント治療・審美歯科・咬めるところがない・歯根破折


インプラント 審美歯科 歯列矯正 歯周病



この方は、ご親戚のご紹介で来院された方です。初診時60代後半でした。

上下の前歯以外は上下の奥歯がすれ違い状態になっていました。

唯一、左下の奥にカンチレバー状態で伸ばした偽歯が上の奥歯と咬んでいました。

右上が全くないためどうしても左で咬む習慣があられ、それがもとで初診の状態では、左上の糸切歯が折れた状態でした。

通常は、この状態で来院される際、その糸切歯をなんとか残せないかという話になるでしょうが、私が考えるになんとかその歯を残したところで、近い将来、また不具合で出てくるのは、目に見えています。

この方は、インプラントを含めた全体のバランスを考慮した治療を受けられたご親戚のご紹介で来院されましたので、最初からある程度知識を持っておられました。

そこで、しっかりした治療を説明し、治療にはいっています。

本来なら、奥歯12歳臼歯のところまで必要ですが、経費を考えてなんとか第1大臼歯(6)までの歯とするべく治療を進めました。

右上は当初7654と欠損、左上は、456と欠損、その代わり78はある状態、左下は7欠損、右下は7欠損の状態です。

その状態から左上3が歯根破折をしていたわけです。また後日判明したことですが、左下6はやはり後ろに延長した(カンチレバー)ブリッジのせいでこちらも歯根破折していました。

 

結果、右上654をインプラント治療、そして左上に346インプラント、そして左下6にインプラント治療を行っています。

インプラントの仮歯が立ち上がったところで矯正治療を併用し、ご自身の歯の排列のバランスを取り、仮歯で咬みあわせのバランスを取って最終的な歯を作成しています。

この方も治療後何年も経過していますが、大変喜んでおられます。

 

余談ですが、去年の日本矯正歯科学会でアメリカの高齢者歯科の話を聞きました。アメリカの高齢者歯科というのは、本当にいつ亡くなるかわからない状態の方が来院されるそうで、歯が取れたとかということが主訴であることがほとんどだそうです。歯科医の側では、理想的な治療よりも「とにかくその場でなんとかする」治療とは言えない。修理に似た治療をするそうです。

 

私はなんか見た光景だなと思って頭をめぐらしてみると、普通に日本の歯科でよく見られている光景だなと思いました。

当院の副院長が主にそういった治療を手掛けています。

 

本来ならきちんとした治療をしたほうがいい患者さまでも、それを勧めてもなかなか腰が上がらない患者さまが多くその場でなんとかする、またはその延長線上の治療が多いようです。

 

厚生労働省の統計で、日本人の多くは50歳前後で1本目の歯を喪失するそうです。

これはあくまで平均ですので、これより早く歯を喪失している方もおられれば、それよりももっと歯が丈夫な方もおられるわけです。

歯の治療が嫌で仕方がない方、歯が取れたとかいう理由がない限り歯科に通院しない方こういった方々は、若いうちからときどき治療をしていって50歳くらいで、治療が不可能な状態になって抜歯を選択せざるを得ない状態になるわけです。

 

また、この50歳前後でしっかりした考えの歯科医師との出会い、治療との出会いを果たした方だけが、いい状態で年を重ねることができるということが統計のデータからも実はわかっている話なんですが、なかなかみなさん耳を傾けていただけないですね。

 


[更新日時] 2016年3月10日 ★ category : インプラント, 審美歯科, 歯列矯正, 歯周病 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


包括歯科治療・矯正治療・インプラント・暫間インプラント・審美補綴・歯牙移植


インプラント 審美歯科 歯列矯正 歯周病 虫歯治療 顎関節治療



この患者さまは、初診時右下の⑧765④③ブリッジの支台歯である右下4の歯根破折による
違和感を主訴に来院されました。
その部位の治療については、義歯かインプラントという選択肢しかないことを説明しました。
しかし患者さまは納得されず、脱離したブリッジをそのまま装着して帰宅されました。
後日、当院を紹介された方と話をされたようで包括的な治療をしたいという申し出をうけました。

この方はの問題の原因は、歯列にあります。特に東洋人はグラインディングタイプの咀嚼をしますので前歯の被蓋関係に問題がある方は、必ずこのような問題に陥ります。
このときに、問題の起こる原因である歯列の問題を解決するか否かが不のスパイラルに突入していく
か否かのカギになります。

前歯の正常な被蓋関係がないことにより、奥歯の咬耗はどんどん進行します。
そしてコンタクトのカリエス、歯のマイクロクラックによるカリエスの進行、もしくは
インレーの脱離に象徴される2次カリエスが頻発していくことになり、抜髄、根管治療
そして歯根破折が起こってきます。

日本においては、皆保険制度のおかげでいつでも格安で治療が受けられる安心のためか
予防するという概念が乏しい国民です。
そのため、他のOECD諸国と比較して20分の1から30分の1という治療費にもかかわらず
国民の歯科医療費は他の国と同じくらいの額になっています。

多くの方がせつな的な治療をなんども繰り返し、壊れては治療することで最終的に問題の原因を解決できないまま歯を喪失していくというスパイラルから抜け出せないでいます。

Chief complaint of the patient at the first time visit was uncomfortable feeling of lower right tooth.
This was due to the⑧765④③bridge(lower right side)which was supported by this tooth.
The reason for her uncomfortableness was perhaps the root fracture of lower right first premolar caused by excessive occlusal force.
We thought that the treatment options that would the patients may choose implants or dentures.
In spite of our advice, hope of the patient was not in it.
I told the patient that way, but the patient did not consent.
The patient seemed to believe that there may be other alternatives in the treatment of method.
The patient without any active treatment, and wished to mount an incompatible old prosthesis.
But a few days later, the patient came to our office again to hope comrehensive teeth treatment.
she seemed to believe the advice of person who introduced her to our office.

The cause of this patient’s problem was the irregularity of teeth alignment and the bite.Especially chewing of a lot of Asians is grinding type chewing cycle.
If they have the problems of anterior teeth guidance, they will have always these kinds of problems.
We have seen many such examples. So it becomes always so.
They will wander into a spiral when the problems are not resolved.
Whether or not the decision to treat the alignment of teeth is the important select in defense for not fall into nagetive spiral of oral health.
If there are’nt appropriate guidance of anterior tooth, so molar tooth will have so much attrition.
Teeth contact caries, caries progression caused by microcrack, inlay detachment with second caries and so on, these will occer so often.
After all, they have to have pulpectomy, root canal retreatment, and will have root fracture.
In Japan, thanks to the system of the public health insurance for the whole nation, all of us can have tooth treatment.
On the other hand, we would consider any time at ease, so cheap.
Then the preventive concept of Japanese nation are so poor that Japanese medical expenses have continued to increase.
Therefore in spite of treatment unit price is cheap,for example, from a one-20th to a one-30th compare to the treatment fee of other OECD contries, total dental cost of nation has become surprisingly equal to the countries.
Many Japanese people having makeshift treatment again and again, then the teeth are broken again and again.
Most people can’t go out from negative spiral of missing teeth, because treatment remained the cause is not solving teeth problems.

 

こちらの動画については、英語での説明を行っております。

当院の歯科治療に興味を持たれている外国の方がおられるようでしてより理解していただくためです。

海外、特にOECDの他の諸国では、日本よりも予防に対する考えが徹底しています。

上記のように歯の治療には費用がかかることを知っていること、医療全般もそうですが、ご存じなわけです。

日本では、皆保険制度のおかげで治療費が極端に安くなってしまっています。

その影で日本人には予防という概念が欠落しているともいわれます。

歯科医師のレベルも低くなってしまうのは当然のことでしょう。

残念ながら歯のおかしくなっていく原因よりも利益を重視している歯科医院が多いのも確かです。

患者さんがたくさん来ている病院だから、とても優しい先生だからと受診する方がいますが、本当にそれであなたの歯と健康が守られていると思いますか?

私は、誰がなんと言おうと考えを変えません。

医師、歯科医師が本来の目的を見失ってしまったら、それに追随していく子供たち、将来を担っていく子供たちに嘘を教え込むことになります。

みんながみんなを本当の意味で支えあえるきちんとした社会であってほしいと願っています。

 


[更新日時] 2016年1月20日 ★ category : インプラント, 審美歯科, 歯列矯正, 歯周病, 虫歯治療, 顎関節治療 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


みなさまにご理解いただきたいこと


インプラント 審美歯科 歯列矯正 顎関節治療



インプラント詐欺で京都の歯科医師が逮捕されましたね。本当に同業者として恥ずかしいばかりです。

ただ、病院の外観をみますとなぜだったのかなんとなく想像がつくような気もします。

決して擁護されるべきではありません。

ただし、この日本での歯に対しての価値観が決定的に悪い方向に出てしまったことも一因ではないかと危惧しています。

私が常日頃からみなさまにお伝えしていることをここで少し詳しく述べてみたいと思います。

どうして私の治療が一部の患者さまから圧倒的な支持をいただいているのか。

 

なんてことはないんです。

原因を追及して、その原因を治し、原因が再び発生しないようなプランを提案しているということだけです。

私はそのためにこの16年間開業してから、先人の知恵を拝借し、治療法を模倣し、消化吸収を繰り返し、自分なりに仮説を導き出しては、人体に関連する文献を読みあさり、その治療法に科学的な根拠を得ることができた場合に実際の治療に取り入れてきました。

それじゃ、他の先生方は「原因を追及して、その原因を治し、原因が再び発生しないようなプランを提案している」ということをしていないのか。ということになりますよね。 偉そうに、、、よく言われます。 (*^_^*)

ただ、巷であふれているのは、インプラント、ホワイトニング、インプラント、矯正、審美歯科ですよね。

とってもわかりやすいものばかり。

 

そう、わかりやすい治療が横行しています。わかりやすい保険外の治療というのは一定の方々から支持されていく。

残念ですが、これが日本です。ですから、インプラント詐欺などの問題となって、あるいはインプラント治療による問題が生じてしまう。

日本は歯の治療は、諸外国のレベルからすると一般の歯科医師のレベルは相当低い。めちゃくちゃ低いです。

私は、日本が諸外国と肩を並べるような治療の質のレベルに到達するのは今とのころ不可能であると思っています。

日本人がもっと国際化しない限り、日本の文化、風習、習慣がいかに諸外国と異なっているかを知らない限り。

日本は、まぎれもなく島国です。外国の文化が浸透しにくいところです。

ですから、携帯電話などでもガラパゴス化していると言われますよね。

そうです。日本独特の風習なわけです。

韓国人からすると日本人の歯は「きったね~!」と思われています。

これは、国民皆保険制度がそうさせているわけです。

 

 

日本の歯科の治療費は、他のOECD諸国の20分の1から30分の1です。この治療費の中でちゃんとした治療をしてくださいということ自体がおのずと無理があります。

でも、これを強要されているのが日本の歯科医師なんです。どうしてか、それは保険医だからです。

保険医たるもの、自分の意思に関係なく、国で定めた治療法と点数通りのやり方で治療する義務が課せられています。

治療がうまくいかなかったからといって治療費を返還させられたりというものではありません。

保険診療というものはあくまでもそういう手続きを言います。

 

 

ですから、オールアバウトやアスクデンティスト、歯○○○ネルなどで神経の治療がうまくいかなくていろんな歯科に受診したけれど納得のいく治療がしてもらえる歯科がないということ。

ですよね。保険治療で私も神経の治療をしていました。うまくいかないこともたくさんありました。

でも、今考えると当然だろうと思いますね。0.1ミリくらいの穴を探してそこから複雑にいりくんだ神経管の中を清掃し、その先約1センチにある根管孔をふさぐ治療を肉眼でしていく。しかも中には、口があかない状態の患者さんでも無理やりやっている。前医がやったまずい治療の引き継ぎをどう見ても釣り合わない治療費の中で時間の中でやっている現実。

たしかにうまい下手はあります。

ですが、、、、どう考えても無理があります。

 

大学で教わった治療法を実際の患者さまで実践してうまくできるという保証もありません。大学で教わった方法が間違っていとしたらどうでしょうか?

「毎年新たな治療法が確立されているんじゃないの」、、、と考えますよね?でもその新しい治療法って黙ってても手に入れることができるでしょうか?

答えは、、、できません。自分から得ようとしない限り、そしてその治療法を得るためには莫大な研修費を必要としています。保険治療をしている歯科医師には、無理です。

よほどの犠牲を払わない限り。

 

よほどの犠牲を払う覚悟のある歯科医師だけが新しい治療法を獲得できます。しかも、一回聞いただけで体得できるわけではありません。そうです。相当な費用を捻出してでも新しい治療法を体得したいという情熱のある歯科医師だけが得られる治療法なわけです。

 

だから、この歯科医師過剰な時代と言われる日本で必死に生き残ろうと思っている歯科医師の中に現実にどうしようもない局面が出てきてやってはいけないというタガが外れてしまった歯科医師が生まれるのかもしれません。

可哀想だなと思います。

 

 

ただここで考えなければいけないことは、その新しい治療法が本当に正しいのか、、、ということ。

それを見極めるだけの知識と技術と経験を身につけているか。

残念ながら、歯○○○ネルなどは私が思うに利権がからみあった腐敗した集団です。言ったら怒られちゃうかもしれません。

一部の歯科医師は本当に不勉強で何を今さら言ってるのと思ってコメントをみていました。

中には、大学の権威を振りかざして間違ったことを言っている先生もいます。

確かにその先生方にとっては正しい。論文もある。ですが、その治療法で治らない方が現実にいて、そういう方へのコメントは、なしです。「しかたがない」です。これでいいんですか。

これが最新の治療法に基づいて治療した結果なんでしょうか。おかしくないですか。

権威に騙されてはいけない。痛感しました。

 

 

インターネットで本当に根こそぎ治療法を探してみてください。

ちょっと怪しいと思えるような団体の治療法が実は、画期的だったりします。

ただ、残念ながら、その治療法や理論を理解するまでにその先生方が年を取りすぎてしまっていて学会報告するほどのパワーを失っていることが多い。本当に残念です。どうして学会に論文を提出して社会での認知を得ようとされないのか。

 

これも、皆保険制度のなせるところなんですよね。本当に残念です。

 

日本をせっかんしたナソロジーという顎の運動を記録して正確な歯を作っていくという理論ですが、その当時を振り返った大家と言われていた先生方があの理論は間違っていたと最近回顧されています。

でも、大学の権威を振りかざして我々の理論が正しいと言い張っている先生方がいます。

「歯をあわせなければ、顎関節症は治る」。

それで治るならそりゃいいですよ。

治療費もかからないし、、、

でも現実には、それさえできない方が苦しんでいるのにどうして平気でいられるのか、どうしてそうまでして権威を守ろうとしているのか。

本当にわからない。

 

いくら立派な理論を振りかざしても実際の患者さまで結果が出ていないのならその治療法には欠点があるということですよね。

どうしてもっといい方法を探っていかないんでしょうね。

 

私はもともと矯正医です。

矯正治療をしていきながら、一般歯科もやっているうちに患者さまからたくさんドヤされました。

 

「どうしてなんだろう」「どうすればいいんだろう」「本当にこのやり方で合ってるの?」「なんかいい方法ないかな」ということが私の頭に渦巻いていました。

 

今現在、世間一般で行われている矯正治療については調べて見られるとわかると思いますが、「矯正治療後に頭痛がする」、「肩が凝る」「体調が悪くなった」。整体師の先生方は「矯正治療はやめたほうがいいですよ。もっと悪くなります。」

 

これ、おかしいですよね。

さきほどのナソロジー同様、学会や団体が「間違っているかもしれないから考え方をシフトしていきましょう。」という警鐘に耳を貸さない歯科医師、矯正医が学会にいくとたくさんいます。

最高学部を出ているという自負があるのでしょうね。

 

専門医という肩書に酔っているのでしょうか。あるいは新しい治療法を始めるにはどうしたらいいかわからないからやらないんでしょうか。

患者さまであるあなたは受診した先の先生がどういった考えでどう治療をしていこうとしているのか、しっかり話あってください。

 

私は、日本での歯科の常識、健康に対する価値観をかえるほどの力を持ちあわせていません。

せめて、このページを読んでいただいた方々が疑問をもっていただくことで少しでも変わっていければいいなと思っています。


[更新日時] 2015年10月29日 ★ category : インプラント, 審美歯科, 歯列矯正, 顎関節治療 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


審美歯科・歯周外科治療・生体バランス治療


審美歯科 歯周病



この方は、40代前半の女性です。初診時より審美治療をご希望されて来院されました。

初診の写真をご覧になると印象的なのは、やはり上の前歯の歯ぐきの黒ずみですよね。

これは、保険治療でありがちな銀合金の土台とパラジウム合金のかぶせ歯の電位差で生まれる銀イオンが溶けだした結果です。

銀イオンによって歯ぐきに入れ墨が入ってしまう現象ですね。

こうなってしまうと切り取るしか方法がありません。

 

この方は、日本人には珍しく全体的に歯ぐきが厚いタイプの方です。こういう方は、そもそも歯周病になりにくい方なんですが、いったん境界を越えてしまいますと、重症化してしまいやすい方でもあります。

 

この方の場合は、やはり全体的に歯周病が進行しておられました。ですから全体的にFOP(歯肉剥離掻爬術)を行いました。歯槽骨の形態修正も同時に行っています。

そして歯周環境を整えたあとに必要な個所の審美補綴になるわけですが、

 

当院での場合は、歯周外科治療の後、しばらくプロビジョナルという精密な仮歯をいれて歯ぐきの熟成を待ちます。

それと同時に顎の位置がどこに落ち着くかを確認しています。これがバランス治療ですね。

 

その上で最終的なかぶせ歯を装着するわけですね。


[更新日時] 2015年8月7日 ★ category : 審美歯科, 歯周病 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


審美歯科・義歯・歯周再生療法・部分矯正


▼治療別 審美歯科 歯列矯正 歯周病



この方は、とにかく歯科治療が苦手という方でしたが、ゆっくり説明していってご理解いただきながら治療を進めさせていただきました。

見ていただけるとわかると思いますが、全体的に重度の歯周病です。ほっておくとすぐに総入れ歯になりそうな状態でした。

上の歯は全部の歯がすでにグラグラでどれが残せるかと思案する状態でした。

ですが、歯周基本治療に引き続いて、すべての歯の歯周再生療法を行いました。ほとんどの部位で骨移植と同時に再生療法を行いました。

とにかく咬めるところが少ないということで再生療法の成功があまり期待できないとも思いましたが、思いのほか噛みしめの少ない方で再生療法はかなり成功理に終わりました。

ただし、難しい歯もあり、上顎前歯については抜歯せざるを得ませんでした。

下顎については、矯正治療も併用することで配列を整え、最終的に上下の歯がなるだけ理想的に咬めるような位置を目指しました。

上の義歯は、針がねのない義歯ですが、当院オリジナルです。

針がねのない義歯でもバランスを上手に調整すれば、しっかり咬めるんですよね。


[更新日時] 2015年6月8日 ★ category : ▼治療別, 審美歯科, 歯列矯正, 歯周病 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


審美歯科・インプラント・歯周再生療法・クレンチング・バランス治療・部分矯正


▼治療別 インプラント 審美歯科 歯列矯正 歯周病




このかたは、最初の写真を見ていただけるといくらか想像できるかもしれませんが、歯周病がかなり進行した状態でした。

噛みしめが強くなかなかこの噛みしめが止まらない方でした。ストレスの強い仕事で、なおかつ管理職であられたのも原因と思われます。

まずは、歯周病にり患した全体の歯の中でどの歯を残すことができるか歯石取りを行いながら噛みしめの度合いを確認し、必要な部位に仮歯を入れていきました。

仮歯を調整して噛み合わせ自体が噛みしめの原因にならないようにするわけですね。

基本噛み合わせがあっていないと噛みしめはどんどん進み、歯周病も進行してしまいます。

右下は最初の段階で67が欠損しておられましたのでインプラントを6に計画していました。右下7にインプラントをオススメしなかった理由は、右上7、左上7、左下7が重度の歯周病のため保存が難しいと判断したことです。

そこにインプラントをオススメしてもいいんですが、治療費が上がってしまう可能性を考慮しての判断です。

いずれにしても、歯周病が再発してしまいそうな骨の形態のままインプラントを埋入してしまいますと、将来インプラントを埋入しても、それ以外が抜歯になるあるいは、その影響でインプラント周囲炎になっては元も子もないわけですね。

抜歯した左下7番の手前の6番はやはり7番の影響で骨欠損が激しく、ここもどうかと思われましたが、再生療法が完全に良く達成されたおかげで心配なくなりました。(ここについては学会で発表させていただきました。)

全体的に歯周再生療法と切除療法を行い、歯周環境の改善をしました。

右下21番は最初の時点で保存不可と判断し、抜歯しましたが、そこをそのままにしておくと歯ぐきのボリュウムが下がって見た目が悪くなる可能性が高くなるために歯ぐきを移植しました。

また、右上1は最初の段階で抜歯と判断しましたが、そのまま抜歯してしまうとボリュウムが下がってしまって見た目が悪くなるため、仮歯の後ろで根っこが挺出するのを時間をかけてゆっくり待って歯肉ごと盛り上がってくるのを待ちました。

ただし、その周りの歯も最終的にかぶせる予定ではありませんでしたので、矯正治療で歯ぐきごと伸ばすときにもあまり伸ばさないところでとめました。

精密に作った仮歯を何度もやり変えて噛みしめが減ってきてさあ最終のクラウンをかぶせようとしているときに左上56の歯周病が急激に進行してしまいました。

予定外ではありましが、そこはご本人と相談の上インプラントに代えさせていただきました。

最終的にインプラントは3本になりましたが、歯周病の進行も止まり現在では、なんの心配もない状態でお手入れに通っていただいています。

 


[更新日時] ★ category : ▼治療別, インプラント, 審美歯科, 歯列矯正, 歯周病 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


審美歯科・インプラント・歯周再生療法・バランス治療


▼治療別 インプラント 審美歯科 歯周病



この方は、来院当初左下67、右上74、左上7が欠損しておられ、見た目にはわかりませんが、中等度から重度の歯周病にり患しておられました。

要は、欠損を放置し、歯周病を効果的な方法で治療しなければ、年々歯が抜けて行った方なんですね。

まずは全体的に歯石を除去し、必要な部位にインプラントを埋入しました。

左下67、右上4、右下5ですね。ブリッジにしなかったのは、上顎77のインプラント埋入をしなかったからですね。顎の前後的な位置関係から上顎77は下顎77とすれ違いになる可能性があったためインプラント埋入はオススメしませんでした。

インプラント埋入が終わった時点から、歯周病に罹患した部位の骨にへこみがあったり、坂があったりして歯周病が再発する可能性があるためその骨をなるだけ平坦にするために骨を補填し、整形していきました。

あらかた再生療法が終了した時点で、右上の前歯の骨の欠損が大きく形態不良がありましたので、再生療法をもう一度行いましたが、思うように骨の再生はかなわず、結果歯を矯正治療によって挺出させて形態を整えることになりました。

 

インプラント、再生療法が終わった時点から歯ぐきの成熟を図りながら、仮歯をなんども調整していき、最終的に顎の位置が定まるまで待って、最終のクラウンをかぶせさせていただいています。

 


[更新日時] ★ category : ▼治療別, インプラント, 審美歯科, 歯周病 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


顎関節治療・インプラント・歯周再生療法・矯正治療・生体バランス治療


▼治療別 インプラント 審美歯科 歯列矯正 歯周病 顎関節治療



この方は、たくさんこの諫早近辺の「ここぞ」という病院をたくさん回られて結果どんどん抜歯になっていった方です。

下の歯列は、来院された時点ですでに重度の歯周病でした。

重度の顎関節症で、しかも噛みしめをしている自分を抑えられないということでした。

上顎の左右の臼歯は、歯周再生療法をされたそうですが、失敗されたそうで「あなたの噛みしめが強いせいだ」となじられたそうです。

私もこの噛みしめが強く残るなら、なかなか治療には取り掛かれないと考え欠損するごとに入れ歯をしましょうと何度かご提案をしていました。

 

ただ入れ歯はやっぱり受け入れていいただけませんでした。またお忙しい方でもあったため何カ月かおきに歯ぐきが腫れたりして来院されていました。

2年ほど経過したときに、また顎関節の調子が悪くて来院されたときに、じっと観察しているうちに「上下の歯並びのはまり込みが噛みしめの原因かもしれない」と感じ患者さまに説明しました。

 

歯一つ一つのはまり込みについては、以前からわかっていたんですが、歯列全体をとらえて噛みしめがおこっているのかもと思いついた瞬間ですね。

 

患者さま自身は、いろんなところに行っては噛みしめをやめるための試みをしても止まらないと嘆いておられましたので、やってみると快諾いただきましたた。

とりあえず上顎だけ矯正装置を付けて並べてみましょうということで並べだしてみました。

すると「どんぴしゃり」という感じで長年苦しんでおられた顎関節症が寛解し出すとともに噛みしめが減ったことを実感していただけるようになりました。

噛みしめがなくなってきましたので、ご本人にインプラント治療や再生療法に取り掛かっても大丈夫でしょうとお伝えしてもう一度最初から治療プランを練り直しました。

 

治療の途中でもまた、お忙しいなか通院していただいているうちになんどか噛みしめが再発傾向のときがありましたが、最初の状態とは雲泥の差でした。

ただ、それでも以前からある重度の歯周病の歯周病にり患していた下顎前歯は持ちこたえることができず、結果抜歯になりました。

最終的にまったく噛みしめがなくなった時点で上の歯列は残っているご自身の歯自体をお顔の平面に対して忠実に平面を合わせていましたので、残りの部分のインプラント部分を仕上げました。

 

お気づきかもしれませんが、上の歯列はお顔の基準ラインから飛び出して噛みしめを残してしまう可能性がありましたので、矯正用のインプラントを顎骨に埋め込みをこれを固定源として上顎歯列を顔に平面に正確に合わせています。ビデオでは、歯ぐきに埋まったインプラントのコネクターがわずかに映っています。

 

その歯の上顎歯列の平面のままに残りの歯はインプラントを埋入しておりましたので、その歯の平面を合わせました。

そして、下顎の歯列を仕上げる際に本当に苦労しましたが、ご本人のご体調のいい時と悪いときに顎の位置が全く違う位置にあるわけです。

ここであきらめずに(ご本人も嘆いておられましたが)何回も調整を繰り返し顎の位置がだんだん収束していくごとに体調がよくなってこられましたので、その位置で最終的に歯を仕上げました。

 

治療後にもわずかに顎の位置に変化がみられました。

 

人間の顎は、本来の位置に近い位置でいい接触状態を与えてあげると顎の位置が更にいい位置に動きます。ただし、このときに素材が硬いほど、動きが大きくなります。

ですから、本歯をいれた瞬間が本来一番顎が動くわけですが、これでは困るわけですよね。本歯を入れたときに位置が大きくずれては困るわけです。技工士さんがつくった山と谷の位置が全部ずれるわけですからね。

ですから、仮歯でなんどもなんども修正を加えて、もうこれ以上変化がないというところまで持って行って本歯に変えるわけです。

そうすることで本歯に変えた時の顎の位置の変化が最小になって、噛み合わせの調整で対応できる範囲になるわけです。

 

この方も最終的な歯を入れてから本当に体調が良くなられて本当に感謝されました。

私も本当にうれしかったですね。


[更新日時] 2015年5月28日 ★ category : ▼治療別, インプラント, 審美歯科, 歯列矯正, 歯周病, 顎関節治療 ★ author : Dr.堀内晃 (72)




検索


症状など気になるキーワードを入力下さい



歯科治療の疑問をメールください


今、あなたが直面している歯科治療の疑問を私に教えてください。時間の許すかぎりお応え致します。

疑問をメールする


その他のお問合せはこちらからどうぞ


記事の内容についてや、ドクターからの疑問など、こちらのフォームからお問合せください。

お 問 合 せ



※推奨ブラウザ:Safari(M), GoogleChrome(W), InternetExplorer(W) 詳しくは推奨ブラウザのページをご確認ください
このページのアクセス数: 9373