30年咬めなかった歯・歯根破折修復・5倍速治療


虫歯治療



この方は、高校生の時にすごく痛くなって近隣の歯科で治療されたそうです。いわゆる神経を抜く治療をですね。

ですが、治療後もなんとなく定期的に歯が疼いていたそうです。

で、あるとき治療を受けた後、この痛みがずっと続くのが嫌になってそのまま脱離したままにしていたんですね。

かろうじて仮止めがしてあったためにバイ菌がさらに根っこの中に入ることはなかったようです。

この経緯をお伺いして本当の意味での治癒が見込めるか疑問でした。

レントゲンでみてみても根っこの影が薄くほとんどの歯科医師が抜歯を勧めるであろう状態でした。

ただ、マイクロスコープ根管治療にかけてみたいというご希望になるだけ添いたいという気持ちで治療を開始しました。

実際、根管内を見てみますと、確かに何度も治療をしていることがうかがえるように根管の壁に穴があいているし、壁自体が薄くなっている、そして極め付けは根っこの先端部分で真っ二つに折れていることがわかりました。

ビデオでは、ある程度治療が進んだ状態から始まっていますが、実は、この状態になるまでなんども根管の中の形態をチェックし、複雑な状態だった形態をシンプルにしていきました。要するに、複雑に入り組んだ状態の根っこだったと思っていた前医での治療の際に根管の形状を把握できていなかったということなんですね。

 

顕微鏡-マイクロスコープを使用することと地道な根管の探索によって根管の状態を把握することができるんですよね。

今回、この根管について、破折部と穴があいている部位を最終的にすべて接着剤とファイバーで修復しましたが、この後、この歯はまったく症状がなくなったということでめちゃくちゃ感謝されました。

なにしろ30年まともに咬めなくてなかば諦めていた歯だったからなんですね。

 

 


[更新日時] 2016年6月17日 ★ category : 虫歯治療 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


成人矯正・前歯部反対咬合・組織誘導再生・インプラント


審美歯科 歯列矯正 歯周病 顎関節治療



この方は、当初歯周病の治療のために来院されました。

大変ストレスのかかるお仕事をされている方で、ヘビースモーカーの方でした。

たばこを吸わないとやってられない感じで、「禁煙してください」とは言えない雰囲気でしたね。

5328.mp4_000026059 5328.mp4_000037670 5328.mp4_0000308885328.mp4_000043116

上の写真が術前のレントゲンですが、右上7、左下7は動揺が強く、右下はそれまでないにしても揺れていました。

左上7についてはすでに欠損していました。

おそらく、この原因は、タバコによる歯周病と歯並びが原因と考えられました。

タバコをやめていただくことと、歯ぐきと骨の再生をすることでもなんとかはなるかと思われましたが、

タバコをやめるくらいなら「死んだ方がマシ」ということでしたね。

ですから、歯周再生療法とインプラント、そして矯正治療をさせていただきました。

治療を開始したのがほぼ還暦のころですね。

 

話はそれますが、成人の方で矯正治療をオススメすると「いまさら」と言われる方がおられますが、歯を残すために矯正治療をするという考え方をほとんどの方がご存じでないが残念です。

歯科の専門誌では、歯を残すための専門医の手段としてやはりインプラント、矯正、噛み合わせ、再生療法、精密根管治療は欠かせないアイテムなんですけどね。

 

ということで、この方の場合、揺れている奥歯を固定しながら、再生療法をしていったわけです。左上はインプラントですね。

そして再生療法と全体的な歯周病の状態が安定してきたころに矯正治療を開始しています。5328.mp4_000072346

上の写真はある程度、矯正治療が進んできたころの写真ですが、たばこのせいでヤニだらけではありますけどね。

5328.mp4_000124849

上の写真は歯周再生療法、矯正治療、インプラント治療が終わった状態の写真です。

このころもタバコはたくさん召し上がっておられました。やめる気はないということでしたが、今後がちょっと心配ですけどね。


[更新日時] 2016年5月31日 ★ category : 審美歯科, 歯列矯正, 歯周病, 顎関節治療 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


矯正治療・中学生・反対咬合・非抜歯


歯列矯正



この方は、中学生で受け口の治療をご希望されて来院されました。

通常、この年齢で反対咬合ですと成長が終わるのを待って大学病院で顎切り手術ということになるわけですが、このお子さんとお母さんのご要望で「できる限り手術なしで治療してほしい」とのことでした。

 

まあ、手術で治療したいという方はほとんどいませんので、通常の反応ですが、やはり場合によっては、どうしても大学病院で手術という方はいますので、あしからず、、、

 

さて、このお子さんの場合、上下の顎の前後成長のギャップはありましたが、ご両親の身長とご本人の残された成長量を予測してみてなんとか大丈夫だろうと判断して、矯正治療に踏み切りました。

まず、右上の糸切歯の並ぶためのスペースが不足している原因である上顎骨の側方への成長不足を解消するために上顎骨を万力のような装置「急速拡大装置」を用いて上顎の骨自体の拡大を行いました。

 

5108.mp4_0000185515108.mp4_000006964

 

通常、この処置は、11歳が上限と言われています。それは、人間の顔が左右別々の発生して生まれた後に左右の骨がくっつくことになっています。そのくっつく年齢が11歳と言われています。

ですから中学生ですと13歳以上ですから、期限切れなわけですが、それでもあえて拡大を行わないとどうにもならないわけですから、ダメ元でこの装置を使用しました。

結果、なんとか歯列は拡大されてくれました。

 

5108.mp4_0000411275108.mp4_000030913

 

ここまで拡大ができた時点で、後は通常の矯正治療になりますが、この方の場合は、反対咬合もあるわけですので

その治療を開始することになります。

5108.mp4_000051434

 

上の写真は、矯正治療がある程度進んだ状態の写真ですが、下の歯列にはマルチループというワイヤーが挿入されています。これによって下の歯列の隙間を閉じながら、同時に若干下の歯列を後ろに後退させています。

 

5108.mp4_000076609

 

上の写真は治療後の写真ですが、きれいにすべての歯が排列されていますね。

なんとか手術なしで治療できることができたので大変喜んでいただけました。

 


[更新日時] 2016年5月26日 ★ category : 歯列矯正 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


上顎前突 成人矯正 上顎46抜歯、下顎4抜歯


▼治療別 審美歯科 歯列矯正



この方は、初診から矯正治療による上顎前突治療をご希望されて来院されました。

普通に難症例です。通常なら上は第一小臼歯を療法抜歯してなるだけ前後的なギャップをなくす程度の治療になるでしょう。

ですが、第一小臼歯の幅は約8ミリです。その全部のスペースを使って前歯を下げたとしても、この方の場合、上下の前歯のギャップが1センチを優に越えていました。ですから、他の対策を考える必要があったわけです。

また、こういう方の場合、上のみ抜歯するパターンがほとんどです。

通常なら矯正医は、患者さまが「顎関節症があります」ということを言われた時点で、大学病院の口腔外科にまず顎関節症の治療を紹介します。あるいは、当院ではできません。という話になります。

私が考えるに、顎関節症は単体で治せるものではありません。おそらく矯正治療+顎関節症の治療ですべてが完結します。

あとは、その完成度に歯科医師の技術と患者さまの協力の度合いが関与しています。

脇にそれましたが、本題に戻します。

さて、この方の場合は、前歯で1センチ+アルファのずれ、奥歯の前後的なずれが約8ミリずれていました。

上だけ小臼歯を2本抜歯しても上下の前歯のギャップは埋まりません。

通常、上の小臼歯を抜歯して上隙間を閉じる際には、奥歯と前歯の綱引きになります。当然、前歯が後ろに下がる際には、奥歯は前に来ます。

ですから、どんなに頑張っても前歯が後ろに下がる距離は、約5ミリ程度になります。ということでこれ以外に第一大臼歯を抜歯するわけです。

ただし、それだと奥歯の本数が減ることで咬めなくなりますから、第二大臼歯を第一大臼歯として、親知らずを第二大臼歯として使うということをするわけですね。

最後に、下の小臼歯を抜歯するか否かですが、通常なら上下のギャップをとることだけを考えると下は抜歯をしません。

ところが、それをすると顎関節症がなおりません。

ですからあえて下の小臼歯を抜歯し、無謀かと思える治療を開始しています。

でも、それだけではただ単に無謀な治療ですからインプラントのアンカーを使用して予定の処置を予定通りに遂行するわけです。

3584.mp4_0000114553584.mp4_000004268

3584.mp4_0000212893584.mp4_0000189273584.mp4_0000257823584.mp4_000030725

 

 

 

3584.mp4_000037382

3584.mp4_0000460323584.mp4_000041417

3584.mp4_0000511943584.mp4_000056097

いきなり、上は糸切歯の後ろのスペースがすごく開いていますが、この患者さまが転勤などの関係で2年ほど通院されなったために写真を撮影することができず、再び来院されたときの状態が上の写真です。糸切歯の後ろのスペースは第一小臼歯の抜歯スペース+第一大臼歯の抜歯スペースです。ですから約1・5センチほど開いています。

 

 

 

3584.mp4_000061987

3584.mp4_000066173 3584.mp4_000071028 3584.mp4_000075863 3584.mp4_000081126

この時点で通常の矯正治療患者さまのような状態になっていますね。これなら経験の浅い矯正医でもなんとかなりそうですが、、、

ただし、このあたりで患者さまが妊娠されて上を向いて寝られなくなられました。それも原因して上下の前歯の真ん中があっていません。

 

3584.mp4_000086201

 

3584.mp4_000095871 3584.mp4_0000909463584.mp4_0001008963584.mp4_000105902

 

この時点では、最終的な噛み合わせの調整をしますが、どうしても一度ついた横向き寝の習慣を変えることができなかったようです。

 

3584.mp4_0001109463584.mp4_000006865

 

 

3584.mp4_0001208593584.mp4_000116910

 

 

3584.mp4_0001262543584.mp4_000131011

 

治療後の写真ですが、やはり上下の真ん中はあっていません。よく見ると奥歯の上下の関係も左がすこし出っ歯の関係になっています。

このあたりの患者さまの生活習慣を変えるところは非常に難しい局面があります。

以前は、あまり言い過ぎて患者さまとけんかになるかもの状態になることがありました。

最近では、最良の治療結果も大事ですが、患者さまの生活習慣を重んじてある程度の妥協点は必要かもと思っています。

 

 


[更新日時] 2016年4月28日 ★ category : ▼治療別, 審美歯科, 歯列矯正 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


成人抜歯矯正・顎ずれ


審美歯科 歯列矯正 歯周病 虫歯治療



この方は、表題のとおり成人の方です。

当院に虫歯治療が終わった後、メンテナンスで通院されていました。

本来なら、患者さまの人となりをよく知った上で虫歯治療を開始して、、、

なんでしょうが、みなさんご存じのとおり、虫歯治療が終わると歯科の通院をやめる方がほとんどです。

中には、治療途中で通院をやめる方もおられます。

ちょっと脱線しますが、

 

1.虫歯を完全に放置して痛みがあるときだけ、あるいは咬めなくて困ったときだけ通院する方

2.通院する気持ちはあるけど、他のことを優先して歯科への通院が一応の終了までできない方

3.何かあったときだけ通院され始めるけれど、虫歯、歯周病の治療を一通り終わるまで通院される方

4. 定期検診を受けられる方で、歯科医院で発見された虫歯、歯周病の部位を最後まで通院して治療を続けられる方

5.虫歯や歯周病の予防方法に対する説明に耳を傾けることができてメンテナンスに通院される方

6. さらに虫歯や歯周病の根本原因を治す治療に対して耳を傾けることができて治療を終え、メンテナンスを受けられる方

 

など、患者さまの健康に対する意識は様々です。

来院された患者さまがどのレベルの健康意識をお持ちなのかは初診の段階ではわかりませんし、通院してわれわれの理念を聞いていかれる内に健康に対しての意識が高くなる方もおられます。

この方は、当初検診をご希望されて初診で来院されました。そしてすべての治療が終わってメンテナンスをしていく内に健康意識が6の段階まで高められた方です。

前置きが長くなりましたが、

3481.mp4_000001854

まず上下の前歯の真ん中があっていないということで顎の位置が左右にずれていることがうかがえます。

それによって体全体の筋肉のアンバランスがあることがわかります。

3481.mp4_0000079103481.mp4_000011430

左上の前歯が内側に入っているのがわかりますでしょうか。

これは、顎の位置がここでロックされる形になるためここを起点として顎がローリングを繰り返します。

同時に噛みしめが強くなり、頭痛や極度の肩こりの原因になります。これがひどくなると耳鳴りや自律神経症状が重くなってきたりします。

3481.mp4_000016940 3481.mp4_000021487

通常これくらいの歯並びの方は、たくさんおられるでしょうね。

一般的な矯正治療や噛み合わせ治療をやっていない歯科医院なら虫歯治療と歯周病の治療のみを行っていくのみでしょう。

場合によっては、向かって右側、患者さまの側からしたら左上になりますが、かぶせ歯が2本入っていますが、これをセラミックのほうが丈夫で衛生的ですよとうそぶいて自費治療を勧めてくる歯科医もいます。

まったくのナンセンスですけれどね。

なんで、かぶせ歯をするようになったのか、、、まったくの筋違いです。問題があるからかぶせ歯になったわけで、その問題を解決しないでセラミックだから長持ちなんてありえません。

3481.mp4_000106065

上の写真は矯正治療の後の状態ですが、バランスが取れているのがわかると思います。

この状態にして初めてセラミックなどに変えることで意味が出てくるわけなんですが、

あまりにも巷には、不埒な魂胆の歯科医が多すぎて困ったものです。

 

 


[更新日時] 2016年4月18日 ★ category : 審美歯科, 歯列矯正, 歯周病, 虫歯治療 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


前歯で咬めない高校生の矯正治療・開咬


歯列矯正 顎関節治療



この方は、高校生の男子生徒さんでした。前歯で咬めないということでお母様が連れてこられました。

歯並びはそんなに悪くないんですよね。

3420.mp4_000001095

こういう不正咬合を開咬と言いますが、ほとんどの場合、放置されることが多いです。

矯正専門医でも一番治療例が少ないのがこの開咬という不正咬合の状態の方です。当院でもおそらく私が覚えているだけで20例ほどしかないかもしれません。私の26年の矯正医人生の中ではもっとありますが、記憶に新しいのは、やはりそれくらいでしょうね。

それだけ開咬の状態というのは放置されがちなんですね。ある程度ならんでいるからなんですが。

問題ないだろうと思われてしまうわけです。

残念ながら本当に日本では、矯正治療は見た目、審美目的と思っておられる方が多いのが残念でなりませんが、これが実情ですね。

開咬というのは、奥歯が当たっているけれど前歯が咬んでいない状態を言いますが、前歯が当たっていないと当然前歯でモノが咬めません。

よって、前歯で咬むということをしませんから、その分奥歯が頑張るわけです。

そうなると奥歯のすり減るスピードは通常の2倍のスピードなわけです。

すり減りが2倍ということは、その分大根おろしの歯のように切れなくなってくるわけですね。

そうするとその歯に対して力を掛けないと咬めない状態が進行し、歯がわれるという現象が起こります。そして神経の処置をすることになり、神経の治療のやり直し、そして歯根破折、抜歯となりやすいわけです。

 

ただし、こういう方でよくあるのが、「咬めないから咬まない」のサイクルにはいってしまうことですね。

よくあるが、胃腸障害ですね。

開咬の方にさらに多いのがリウマチなどの自己免疫疾患です。

口を閉じることができないから口呼吸が多くなります。口呼吸によって扁桃腺などが常に感染した状態になりやすいこともありますが、どうも自己免疫疾患になりやすいようです。

もともと、開咬状態の方では、顎の骨格とそれに付随する筋肉の機能に問題があることが多くそれによって開咬状態になっていることもありますので、矯正治療と同時にこのあたりも改善する必要があるわけですが、やはりお子さんの内に治療しておいたほうがいいことはいいです。

ですが、成人の方でも矯正治療することによって、いろんなサイドエフェクト的にいい効果が起こります。

この患者さんの治療中です。

3420.mp4_000025577

このワイヤーはマルチループといいます

アメリカの韓国系アメリカ人のドクターヤングキムという先生が開咬治療のために考案したワイヤーです。

ワイヤーがちょうどラーメンの器に書いてある模様のようになっていますが、矯正装置それぞれの間を直線でワイヤーが通るよりも長い距離のワイヤーが必要になります。その分歯に対してはゆっくりと弱い力がかかり続けることになります。この画期的なワイヤーのシステムは一時日本でも爆発的に矯正医の中では流行し、猫も杓子もマルチループ見たいな状態になりました。そして、本来開咬のために開発されたマルチループですが、上顎前突や下顎前突などにも利用されるようになりました。

ただ、マルチループさえ入れておけばなんとかなる的な発想も出てきてしまい、マルチループを入れたから(厳密には治っていないのに)治った的な状態も跋扈しました。

私も一時期はたくさん使用していましたが、どうしても安易に使用することによるデメリットも見えてきたため今はほとんど使用することがなくなり、その代わり必要によっては、矯正治療用のアンカーを用いるようになっています。

3420.mp4_000056461

上の写真は治療後の状態ですが、前歯と奥歯がしっかり咬んでいるのがお分かりになるでしょうか。

これが、矯正専門医で長くやっている当院の品質になりますが、矯正治療というのはあくまで見た目ではないということがこういうところにあります。

奥歯で咬めなければ、歯並びは戻りますし、他に頭痛や肩こりの原因、あるいは他の病気を惹起したります。

もし、開咬の状態の方がおられましたら、実際、治療を受けて見られるとわかりますが、悪い治療を受けてその検証をするというのはあまりに不経済ですし、自分の体を実験台になんてできないですよね。


[更新日時] 2016年4月13日 ★ category : 歯列矯正, 顎関節治療 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


歯科心身症という病名をご存知でしょうか?


顎関節治療



みなさん、歯科心身症という病名をご存じでしょうか?

歯科心身症とは、歯科医院あるいは歯科大学に来院された患者さんの中に歯科医療者が話を聞いてもよくわからないような症状(不定愁訴-一般的な歯の症状と関連がないような症状)を訴える患者さんがおられます。

まず、一般歯科では相手にされません。大学病院に紹介されて大学教授に診断してもらうと歯科心身症ということで精神科に紹介されます。もしあなたがそうなら、そしてあなたの大事な人が似た症状になっているなら下の記事を読んでみてください。

 

歯科心身症という病気? 本当は噛み合わせの異常から来ています。 実際、私のところにもそういった患者さまが来院されます。 通常なら「歯科心身症」として大学病院に紹介→精神科紹介となるでしょう。

ですが、私のところでは、プレート療法を用いて治療に当たることでだんだん良くなってこられます。この症状は、実は噛み合わせの異常からくる三半規管の異常、そしてその結果としておこる自律神経の異常、そして精神的に異常な状態になっているわけです。

ですから、この噛み合わせの異常の原因を歯科医師が発見できなければ、モンスター扱いされてしまうわけです。

まず、ほとんどモンスター扱いされてしまいます。間違いなく、、、

 


[更新日時] 2016年4月6日 ★ category : 顎関節治療 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


前歯で咬めない人の矯正・右下7欠損 ・移植


歯列矯正



この方は、遠方から来院されていた方です。ずいぶん前に治療させていただいた方ですね。

最初から矯正治療をご希望ということで来院されたわけではありませんが、虫歯の治療が終わったころに歯並びの良否によって咀嚼の効率が違うことや歯の持ちが違うことをご説明した結果、矯正治療をさせていただけることになった方です。

もともと上下の前歯が咬んでおらず、周りから見たら咀嚼が大変だろうなと思う感じなんですが、ご本人は最初からこの状態なわけでして咬みにくいからという感覚は一切お持ちでなかったですね。

 

ただし、他は親知らずまであるのに右下7が欠損しておられて困っておられることはありました。まだ20代中盤だったようですからさすがに大丈夫かなと心配になっておられたようですね。

1655.mp4_0000109791655.mp4_000020053

上の右側の写真で向かって左側の一番奥の歯はダミーになっているのがわかりますでしょうか?これは、延長ブリッジといいましてほとんどの場合手前の2本を削って延長の歯を後ろに作っているものです。これは一応保険治療ではよくやる方法ですが、手前の6歳臼歯が歯根破折を起こす典型的な例ですね。

1655.mp4_000015548

また、この方の場合、左上の小臼歯をすでに抜歯されていました。隙間はきれいに詰まっていますから、おそらく永久歯の交換の時期に永久歯の萌出するスペースが不足してべろ側に萌出してしまったものと思われますね。上の写真の右側の歯列になりますが、糸切歯の後ろに小臼歯という小さめの奥歯が2本あるはずなのに1本しかありません。

これは、ほとんどの場合、乳歯のときに大きな虫歯を作ってしまって早く抜けてしまったときに後ろにある6歳臼歯が手前によってしまってまるまる1本永久歯が生える隙間がなくなってしまうというのがよくみられるものです。

いずれにせよ、べろ側に永久歯がポコンと生えてくると邪魔でしょうがないので抜歯してしまうということがよくあるわけですね。

ですから、この方も場合は歯の本数が左右上下でちぐはぐになっていて噛み合わせのバランスはかなりずれているのがわかります。この状態を長く続けることでカラダは悲鳴を上げ出すわけですね。

すぐには症状はあらわれませんが、結果としてひどい頭痛だったり、肩こり、首こりに始まって膝の痛みや自律神経症状などといった困った症状に見舞われることになりますね。しかも、それを医療機関で医師に訴えてもほとんどの場合、検査結果は正常で対処の方法が見つからないということになります。

この方の場合は、そういった状況やその後のカラダのバランスを考慮すると前歯を咬ませることが必要で、奥歯の前後関係を合わせてしかも歯の本数を左右上下合わせる必要があったわけですね。

親知らずがあったわけなら右下に持ってくることはできないのかと思われる方もおられるかもしれませんね。

ですが、抜歯してからすでに期間がたっていることで顎の骨がやせてしまい、親知らずの大きな根っこを受け入れられるほどの骨の幅ではなくなってしまっていることで親知らずの移植ができなったわけです。

 

選択肢としては、インプラントしかないわけですが、歯の本数を合わせるという命題と前後的な奥歯の位置関係を合わせるという命題を同時に考慮すると抜歯して本数を合わせるときにその抜歯した歯を欠損している右下7に移植するという選択肢が浮かんできたわけですね。

1655.mp4_000052085

 

結果として互い違いに存在する親知らずは抜歯し、小臼歯は上は右だけ抜歯、下は左右抜歯しましたが、右側の抜歯した小臼歯は右下の6歳臼歯の後ろの骨に穴を掘ってそこに埋めたわけですね。上の写真で左側の週臼歯が抜歯されているがわかりますでしょうか。また、下の写真では、左から3番目の歯がありませんが、その歯を抜歯して、一番左側に顎の骨に歯根をおさめるための穴を掘って埋めています。

1655.mp4_000030563

下の写真で左側の一番奥の歯が移植した歯です。ちょっと小ぶりな歯が入っていますよね。インプラントという選択肢を考えるよりも自分の歯ですからなじむの早いですし、絶対にインプラントよりもよい選択肢であることに間違いありませんよ。

1655.mp4_000181214

 

 


[更新日時] 2016年3月29日 ★ category : 歯列矯正 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


かなり受け口 小学生→中学生 骨格性反対咬合


小児歯科 歯列矯正



このお子さんはかなり以前に治療させていただいたお子さんです。小学校中学年で来院されました。お父さんが骨格的に反対咬合でそのお嬢さんでした。

とってもお嬢さんを大切にしておられ何としてでもこの受け口を治してあげたいということでした。

本来なら、おそらく手をつけない例だと思います。矯正の専門医ならまず成長が終わるのを待って大学病院で顎切り手術を依頼するケースです。

ですが、私は、大学病院に勤務医として在籍していたころからこう言った顎切りになる受け口のお子さんを早期に治療を開始することで何とかならないかと治療法を模索していました。

そうです。受け口のお子さんは、大きく受け口になるポテンシャルを持っていて身長が伸びるときに同時に信じられないくらいに受け口になってしまいます。

ほとんどの矯正医はこれを知っているため手をつけたがりません。

どうして私がどうみても骨格性と思われるお子さんの矯正治療を手掛けているかと言いますと、私自身が骨格性の受け口でして小さい頃から気にしていたからなんですよね。

私自身、子供のころから自分の受け口を気にしていて周りからからかわれることでコンプレックスになってしまっていました。

ですから、受け口のお子さんの治療に対してはかなりの思い入れがあるわけです。

このお子さんの場合もそうでした。

治療の費用についてもかなりの高額になることが事前に分かっていましたし、絶対に治るという保証もありません。ですが、お父さんの思い入れは強くできる限り手術は避けたいという一心でおられましたので、私もその思いに答えたいと思いました。

1345.mp4_000018214

まず、治療当初上の6歳臼歯が上の写真の一番下の歯第2小臼歯という歯の後ろに生えてくるのが普通なんですが、その第2乳臼歯のウエストの部分に6歳臼歯が骨の中で咬みこんでしまって出てきていませんでした。

いきなりの難題だったわけです。

通常ならこういった場合は、その第2乳臼歯を抜歯して6歳臼歯が手前に向かって生えてきたのを待ってヘッドギアという装置を使って後ろに下げていくという手順になります。

images

こんな装置になるんですが、これを1日14時間装着してやっと動き出すというものです。images

私は大学病院に在籍していた時は、何の迷いもなく患者さんに使ってもらってましたが、開業してから同じことを患者さんにお願いしてみると使ってくれない子が続出しました。

大学病院に通院される患者さんは、いわゆる「キチンとした子」が多く、言われることをほとんど守ってくれます。

が一般開業医に来院される患者さんはそうでない場合がほとんどです。

ですから、もし、この患者さんにヘッドギアを使用していたらこの子の治療は完全に失敗していたでしょう。

この当時私は既に堀内式ディスタライジングアーチを考案していましたので、第2乳臼歯を抜歯することなく、また堀内式ディスタライジングアーチを用いて3カ月ほどでヘッドギアで6カ月でやっと達成できる2ミリくらいの後方移動を3か月その3倍の移動を達成することができています。

1345.mp4_000042588

それから受け口を治すためにリンガルアーチという装置を使って上の前歯を前に出す治療に取り掛かりました。

1345.mp4_000067742

また、上の前歯を前に出しても上の歯すべてをおさめるための顎の骨がありませんでしたので、その顎の骨自体を拡大する装置を使っています。また、前歯の受け口の量がかなりあったためその治療の期間に咬めないという事態が起こることを避けるためにバイトプレートという装置も使用しています。

1345.mp4_000079425 1345.mp4_000091466

ここまで来てやっと上下の歯を排列するための下地治療が完了しています。

そして最後の仕上げをマルチブラケットという装置を用いて行っているわけです。

それなりの費用と期間がかかりましたが、大変喜んでいただきました。1345.mp4_000101986


[更新日時] 2016年3月23日 ★ category : 小児歯科, 歯列矯正 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


ぜんぜんスペースが足りない歯列の矯正・抜歯なし


小児歯科 歯列矯正



この患者さまもYoutubeに投稿した治療の例です。

実際、小学校4年生で来院され、上の小臼歯、糸切歯のためのスペースがまったくたりませんでした。合計で20ミリほどです。矯正治療で20ミリ不足といったらまず抜歯治療しか考えられないのが普通です。

ですが、この子のお母様は骨格性の反対咬合の骨格のため抜歯をして治療を開始しして、もし、下顎が成長とともにグワッと成長してきたら、大学病院で顎切り手術例になってしまいます。そのときになって歯をすでに抜歯しているとさらに抜歯をしないといけないなどになり、すごく大変な事態になってしまいます。

ですから、なるだけ抜歯をしないでできるかいわばチャレンジしていく必要があるわけですね。永久歯のための隙間が20ミリ不足となると普通は断念しますが、わたしの場合は、私が考案した堀内式ディスタライジングアーチのおかげで、3か月もあれば、それだけのスペースを獲得できるようになっています。

 

 

以下は、Youtubeに投稿した文章そのままです。

この患者さまは叢生を主訴に来院されました。右上5のスペースは全くなく、左右の3のためのスペースも右は4ミリほど不足、左は9ミリ不足していました。全体として20ミリのスペースが不足していました。
おそらく、この症例は、通常なら抜歯治療が必要と考えるでしょう。ですが、お母様が骨格性の反対咬合で本人も骨格性の反対咬合の傾向をもっていたためなるだけ非抜歯で考える必要がありました。
スペースを獲得するために堀内式ディスタライジングアーチを使用し、スペースを獲得しました。そしてリップバンパーでそのスペースを維持しながらマルチブラケットを用いて最終調整を行っています。

This patient came to our office due to upper arch crowding. There were no space for upper right second premolar and upper left side canine. And about 4mm space lacking for upper right side canine.
Totally, there were almost 20mm discrepancy. Probably, this case must be treated with extracting premolar or else.
But her mother had skeletal classIII occlusion, and she had the same tendency too.
Therefore, we needed to think the way to treat her with non extraction.
We gained a space using distalizing arch appliance designed by Horiuchi.
And we adjusted final alignment using multi bracket system while maintaining the space which we gained using lip bumper.


[更新日時] 2016年3月3日 ★ category : 小児歯科, 歯列矯正 ★ author : Dr.堀内晃 (72)




検索


症状など気になるキーワードを入力下さい



歯科治療の疑問をメールください


今、あなたが直面している歯科治療の疑問を私に教えてください。時間の許すかぎりお応え致します。

疑問をメールする


その他のお問合せはこちらからどうぞ


記事の内容についてや、ドクターからの疑問など、こちらのフォームからお問合せください。

お 問 合 せ



※推奨ブラウザ:Safari(M), GoogleChrome(W), InternetExplorer(W) 詳しくは推奨ブラウザのページをご確認ください
このページのアクセス数: 984