左上2舌側深いポケットの原因?-歯根破折8倍速治療


▼治療別



この方は、いったん全体の虫歯治療が終了しメンテナンスを継続していた患者さまです。

メンテナンスに入る前から左上2の舌側の歯周ポケットがいくらか深いのはわかっていましたが、保険治療しか受けられたことがなかったことと、いままでこういった歯周病の治療に対する処置を経験されたことがなく、なかなか処置に対する同意が得られないまま左上2の舌側のポケットが深くなってしまっていました。

 

当初、原因がはっきり特定できず、通常のフラップオペを行いました。前歯の裏側の歯ぐきをいったん剥離し、状態を観察し、問題があればその場で対応するというところでしょうか。

実際、剥離してみますと、歯根が歯頸部で破折していることと、それがもとの原因と思われますが、深い部位に縁下歯石が多量に付着していました。

また、以前から歯周ポケットがあったようで以前受診していた歯科での歯石取りの器具の誤操作により歯の根っこにたくさん傷があり、そこに歯石が再度付着していた形跡がありました。

 

で、傷ついた歯根面を研磨し、歯石を取り歯ぐきを閉じました。

歯が折れている部分については、後でするとして手術を終了していました。

で、顕微鏡治療によって歯頸部から破折している部分の処置を行い、隔壁を作成し、根管治療を顕微鏡を用いて行っています。

実際の根管治療では、根管の中にこれ以外のヒビが見つかり、根管治療と同時にヒビの修復を行っています。

ヒビについては、折れている部分の歯質をなるだけ削合します。裏打ちの接着材でくっつけてもその間に細菌がたくさん繁殖していずれ大きく破折するからなんですね。

折れている断面をなるだけ超音波の機械で削合していってぎりぎりまで薄くしていってそこをファイバーコアを作成するときに同時に接着剤を流し込んでいきます。

ただし、この時点で、歯の温存はできても、舌側の骨がない状態は変わりません。

ですから、再度、舌側の歯ぐきを剥離し、骨の再生を促すためにエムドゲイン処置を行っています。

現在、この歯は順調に回復しています。

この方にとって自費治療そのものが初めてであられたようですが、歯を喪失する可能性が大きいことから今回マイクロスコープでの根管治療、歯根破折修復、エムドゲイン、クラウン修復処置を受けていただけました。


[更新日時] 2016年6月25日 ★ category : ▼治療別 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


30年咬めなかった歯・歯根破折修復・5倍速治療


虫歯治療



この方は、高校生の時にすごく痛くなって近隣の歯科で治療されたそうです。いわゆる神経を抜く治療をですね。

ですが、治療後もなんとなく定期的に歯が疼いていたそうです。

で、あるとき治療を受けた後、この痛みがずっと続くのが嫌になってそのまま脱離したままにしていたんですね。

かろうじて仮止めがしてあったためにバイ菌がさらに根っこの中に入ることはなかったようです。

この経緯をお伺いして本当の意味での治癒が見込めるか疑問でした。

レントゲンでみてみても根っこの影が薄くほとんどの歯科医師が抜歯を勧めるであろう状態でした。

ただ、マイクロスコープ根管治療にかけてみたいというご希望になるだけ添いたいという気持ちで治療を開始しました。

実際、根管内を見てみますと、確かに何度も治療をしていることがうかがえるように根管の壁に穴があいているし、壁自体が薄くなっている、そして極め付けは根っこの先端部分で真っ二つに折れていることがわかりました。

ビデオでは、ある程度治療が進んだ状態から始まっていますが、実は、この状態になるまでなんども根管の中の形態をチェックし、複雑な状態だった形態をシンプルにしていきました。要するに、複雑に入り組んだ状態の根っこだったと思っていた前医での治療の際に根管の形状を把握できていなかったということなんですね。

 

顕微鏡-マイクロスコープを使用することと地道な根管の探索によって根管の状態を把握することができるんですよね。

今回、この根管について、破折部と穴があいている部位を最終的にすべて接着剤とファイバーで修復しましたが、この後、この歯はまったく症状がなくなったということでめちゃくちゃ感謝されました。

なにしろ30年まともに咬めなくてなかば諦めていた歯だったからなんですね。

 

 


[更新日時] 2016年6月17日 ★ category : 虫歯治療 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


審美歯科・マイクロ根管治療・ファイバーコア・歯根膿胞


審美歯科 虫歯治療



この方は、かなり以前より来院されていた方ですが、上顎前歯4本のブリッジのやり変えをなるだけ後回しにしておられました。右上2の根尖部にレントゲン透過性の像がありましたが、それも症状がないため放置の状態でした。

ただ、年々病巣が大きくなっている状態でした。

ある時メンテナンスにお越しいただいたときに、根尖部に排膿がみられたためやり変えましょうとオススメして治療を開始することになりました。

もともと上顎側切歯2本で前歯4本を支えるという物理的に無理な設計であったため隣に1本ずつ支台歯を追加しました。というのも、もともと前歯4本のブリッジは根っこが細い2本の側切歯で支えていたためおのずと無理があり、そのための動揺があり、虫歯が発生したことで、根尖部に結果的に歯根嚢胞ができるはめになっていました。

 

歯根膿胞は予後の悪いものですので、処置の前からはっきりしたことは申し上げられませんでしたが、根管治療をマイクロスコープを使用して完全にしあげることで歯根膿胞の治癒を促進し、それでもダメな場合は根尖切除術、それでもダメなら、、、

ということで治療を開始しました。

 

予定通り両側の側切歯はマイクロエンド+ファイバーコア。

そしてその隣の右上3は生活歯の状態(神経の治療をしない)で仕上げる予定でしたが、症状がでてきたため抜髄してファイバーコア、そして反対側は3番が欠損しておられ、その位置に4がありましたので、その4本を支台歯としてブリッジを作成しました。

形成についてもマイクロスコープを用いています。セット時、右上32のマージン(クラウンと歯ぐきの境目)が見えているように見えますが、術後しばらくするときれいに縁がって歯肉の形態も自然な感じに仕上がりました。

 

また、術後、予定通り右上2の根尖部に排膿がありましたので、外科的にその膿胞を摘出しています。

その後膿胞の再発もなく良好に経過しており喜んでいただいています。


[更新日時] 2015年11月12日 ★ category : 審美歯科, 虫歯治療 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


みなさまにご理解いただきたいこと


インプラント 審美歯科 歯列矯正 顎関節治療



インプラント詐欺で京都の歯科医師が逮捕されましたね。本当に同業者として恥ずかしいばかりです。

ただ、病院の外観をみますとなぜだったのかなんとなく想像がつくような気もします。

決して擁護されるべきではありません。

ただし、この日本での歯に対しての価値観が決定的に悪い方向に出てしまったことも一因ではないかと危惧しています。

私が常日頃からみなさまにお伝えしていることをここで少し詳しく述べてみたいと思います。

どうして私の治療が一部の患者さまから圧倒的な支持をいただいているのか。

 

なんてことはないんです。

原因を追及して、その原因を治し、原因が再び発生しないようなプランを提案しているということだけです。

私はそのためにこの16年間開業してから、先人の知恵を拝借し、治療法を模倣し、消化吸収を繰り返し、自分なりに仮説を導き出しては、人体に関連する文献を読みあさり、その治療法に科学的な根拠を得ることができた場合に実際の治療に取り入れてきました。

それじゃ、他の先生方は「原因を追及して、その原因を治し、原因が再び発生しないようなプランを提案している」ということをしていないのか。ということになりますよね。 偉そうに、、、よく言われます。 (*^_^*)

ただ、巷であふれているのは、インプラント、ホワイトニング、インプラント、矯正、審美歯科ですよね。

とってもわかりやすいものばかり。

 

そう、わかりやすい治療が横行しています。わかりやすい保険外の治療というのは一定の方々から支持されていく。

残念ですが、これが日本です。ですから、インプラント詐欺などの問題となって、あるいはインプラント治療による問題が生じてしまう。

日本は歯の治療は、諸外国のレベルからすると一般の歯科医師のレベルは相当低い。めちゃくちゃ低いです。

私は、日本が諸外国と肩を並べるような治療の質のレベルに到達するのは今とのころ不可能であると思っています。

日本人がもっと国際化しない限り、日本の文化、風習、習慣がいかに諸外国と異なっているかを知らない限り。

日本は、まぎれもなく島国です。外国の文化が浸透しにくいところです。

ですから、携帯電話などでもガラパゴス化していると言われますよね。

そうです。日本独特の風習なわけです。

韓国人からすると日本人の歯は「きったね~!」と思われています。

これは、国民皆保険制度がそうさせているわけです。

 

 

日本の歯科の治療費は、他のOECD諸国の20分の1から30分の1です。この治療費の中でちゃんとした治療をしてくださいということ自体がおのずと無理があります。

でも、これを強要されているのが日本の歯科医師なんです。どうしてか、それは保険医だからです。

保険医たるもの、自分の意思に関係なく、国で定めた治療法と点数通りのやり方で治療する義務が課せられています。

治療がうまくいかなかったからといって治療費を返還させられたりというものではありません。

保険診療というものはあくまでもそういう手続きを言います。

 

 

ですから、オールアバウトやアスクデンティスト、歯○○○ネルなどで神経の治療がうまくいかなくていろんな歯科に受診したけれど納得のいく治療がしてもらえる歯科がないということ。

ですよね。保険治療で私も神経の治療をしていました。うまくいかないこともたくさんありました。

でも、今考えると当然だろうと思いますね。0.1ミリくらいの穴を探してそこから複雑にいりくんだ神経管の中を清掃し、その先約1センチにある根管孔をふさぐ治療を肉眼でしていく。しかも中には、口があかない状態の患者さんでも無理やりやっている。前医がやったまずい治療の引き継ぎをどう見ても釣り合わない治療費の中で時間の中でやっている現実。

たしかにうまい下手はあります。

ですが、、、、どう考えても無理があります。

 

大学で教わった治療法を実際の患者さまで実践してうまくできるという保証もありません。大学で教わった方法が間違っていとしたらどうでしょうか?

「毎年新たな治療法が確立されているんじゃないの」、、、と考えますよね?でもその新しい治療法って黙ってても手に入れることができるでしょうか?

答えは、、、できません。自分から得ようとしない限り、そしてその治療法を得るためには莫大な研修費を必要としています。保険治療をしている歯科医師には、無理です。

よほどの犠牲を払わない限り。

 

よほどの犠牲を払う覚悟のある歯科医師だけが新しい治療法を獲得できます。しかも、一回聞いただけで体得できるわけではありません。そうです。相当な費用を捻出してでも新しい治療法を体得したいという情熱のある歯科医師だけが得られる治療法なわけです。

 

だから、この歯科医師過剰な時代と言われる日本で必死に生き残ろうと思っている歯科医師の中に現実にどうしようもない局面が出てきてやってはいけないというタガが外れてしまった歯科医師が生まれるのかもしれません。

可哀想だなと思います。

 

 

ただここで考えなければいけないことは、その新しい治療法が本当に正しいのか、、、ということ。

それを見極めるだけの知識と技術と経験を身につけているか。

残念ながら、歯○○○ネルなどは私が思うに利権がからみあった腐敗した集団です。言ったら怒られちゃうかもしれません。

一部の歯科医師は本当に不勉強で何を今さら言ってるのと思ってコメントをみていました。

中には、大学の権威を振りかざして間違ったことを言っている先生もいます。

確かにその先生方にとっては正しい。論文もある。ですが、その治療法で治らない方が現実にいて、そういう方へのコメントは、なしです。「しかたがない」です。これでいいんですか。

これが最新の治療法に基づいて治療した結果なんでしょうか。おかしくないですか。

権威に騙されてはいけない。痛感しました。

 

 

インターネットで本当に根こそぎ治療法を探してみてください。

ちょっと怪しいと思えるような団体の治療法が実は、画期的だったりします。

ただ、残念ながら、その治療法や理論を理解するまでにその先生方が年を取りすぎてしまっていて学会報告するほどのパワーを失っていることが多い。本当に残念です。どうして学会に論文を提出して社会での認知を得ようとされないのか。

 

これも、皆保険制度のなせるところなんですよね。本当に残念です。

 

日本をせっかんしたナソロジーという顎の運動を記録して正確な歯を作っていくという理論ですが、その当時を振り返った大家と言われていた先生方があの理論は間違っていたと最近回顧されています。

でも、大学の権威を振りかざして我々の理論が正しいと言い張っている先生方がいます。

「歯をあわせなければ、顎関節症は治る」。

それで治るならそりゃいいですよ。

治療費もかからないし、、、

でも現実には、それさえできない方が苦しんでいるのにどうして平気でいられるのか、どうしてそうまでして権威を守ろうとしているのか。

本当にわからない。

 

いくら立派な理論を振りかざしても実際の患者さまで結果が出ていないのならその治療法には欠点があるということですよね。

どうしてもっといい方法を探っていかないんでしょうね。

 

私はもともと矯正医です。

矯正治療をしていきながら、一般歯科もやっているうちに患者さまからたくさんドヤされました。

 

「どうしてなんだろう」「どうすればいいんだろう」「本当にこのやり方で合ってるの?」「なんかいい方法ないかな」ということが私の頭に渦巻いていました。

 

今現在、世間一般で行われている矯正治療については調べて見られるとわかると思いますが、「矯正治療後に頭痛がする」、「肩が凝る」「体調が悪くなった」。整体師の先生方は「矯正治療はやめたほうがいいですよ。もっと悪くなります。」

 

これ、おかしいですよね。

さきほどのナソロジー同様、学会や団体が「間違っているかもしれないから考え方をシフトしていきましょう。」という警鐘に耳を貸さない歯科医師、矯正医が学会にいくとたくさんいます。

最高学部を出ているという自負があるのでしょうね。

 

専門医という肩書に酔っているのでしょうか。あるいは新しい治療法を始めるにはどうしたらいいかわからないからやらないんでしょうか。

患者さまであるあなたは受診した先の先生がどういった考えでどう治療をしていこうとしているのか、しっかり話あってください。

 

私は、日本での歯科の常識、健康に対する価値観をかえるほどの力を持ちあわせていません。

せめて、このページを読んでいただいた方々が疑問をもっていただくことで少しでも変わっていければいいなと思っています。


[更新日時] 2015年10月29日 ★ category : インプラント, 審美歯科, 歯列矯正, 顎関節治療 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


審美歯科・審美クラウン・歯肉整形・プロビジョナルクラウン


審美歯科



この方は40代前半の女性です。前歯の見た目を気にしておられました。

全体的に白い詰め物を何度もやり直しているうちに全体が常になんらかの変色があるということでできれば、きれいにしたいというご要望でした。

全体的な咬みあわせにも難があられ、矯正治療もオススメしましたが、これについては、ご希望されませんでしたのでご本人のご希望どおり前歯だけの対応とさせていただきました。

ラミネートベニアも当初選択肢にありましたが、おそらく脱離を繰り返してしまうタイプの方であると判断し、全体をかぶせる形の処置とさせていただきました。

まず、左上2の歯肉を整形したのち、全体をテンポラリークラウン(仮歯)に交換し、ご本人のご要望に合わせて形態をどうするか煮詰めていきました。そして今度はそのご要望をもとにラボでプロビジョナルクラウンを作成していただき、ご本人のご要望に沿っているか確認し、また歯肉の熟成を待ちながら最終的な歯肉の形と形態、脱離しない形態を模索しました。

歯の支台歯の形成はもちろんマイクロスコープを用いて行い、歯肉部分のテンポラリーの調整等もマイクロスコープを使用しています。

3か月ほどの期間を経て最終クラウンの印象を取り、作成しています。

形態、色ともにご満足をいただきました。


[更新日時] 2015年10月27日 ★ category : 審美歯科 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


審美歯科・ラミネートベニア・再治療


審美歯科



 

この方は、以前にされていた上顎4前歯のうち前歯の1本がかけられたことがきっかけで前歯2本のラミネートベニアを再治療されることになりました。

最初、かけた部分をレジン充填で治療し経過を見ていましたが、再度かけてきたため、治療することになりました。

ただし、いずれにしても歯ぐきとの境目の部分歯質が見えてきていたため近いうちにとは思っておられたようです。

通常通りマイクロスコープを使用して形成を行い、型をとって修復しています。

若干長くなり、また他の歯よりも若干白い感じがありますが、ご本人の希望でこの2本だけ目立つ感じに仕上げています。

 


[更新日時] 2015年10月6日 ★ category : 審美歯科 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


審美歯科・失活歯・成人


▼治療別 ホワイトニング 審美歯科 虫歯治療



これは、ラミネートベニアと言いましてほとんどの場合、前歯の色合いがホワイ

トニングなどによってもどうしても色調をご本人の要望の色にはならないとき、あるいは形態をきれいに、歯並びを少しきれいにしたいときに行う方法です。

この方の場合は、この前歯2本は以前神経の治療をされていて、隣の歯との間のところもレジン充填で治療されています。

レジンの色は、やはり期間が立つと変色が起こりますし、神経の治療をした歯ではこのように色が染み込んだようになって見た目がよろしくありません。

 

歯を内部から漂白する方法もあるにはあるのですが、残念なことにやればやるほど歯質がもろくなってしまうという欠点があります。

そして、漂白してもまた、期間が立つと色がもどってしまうんですね。

 

この方は、歯がもろくなるのが嫌ということでこのラミネートベニアという処置方法を選択されました。


[更新日時] 2015年6月15日 ★ category : ▼治療別, ホワイトニング, 審美歯科, 虫歯治療 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


セレックによるワンデイトリートメントについて


審美歯科 虫歯治療



セレックによる治療は、以前からなんどもお話していますが、良くないです。

とにかく精度が低いです。

歯型を整えるときにマイクロスコープを使用しているなら話は別ですが、歯科医師がかけるメガネタイプの顕微鏡?というよりルーペと言いますが、せいぜいルーペのレベルは、10倍が限度ですね。

おそらく10倍のルーペを使っている先生はいないでしょう。

マイクロスコープでは、24倍です。まったく異次元です。

というより、24倍で形成していないと本当の意味で形成した縁の部分はきれいにできていません。

もし、肉眼で形成した歯をセレックのスキャナーでスキャンしているなら、相当に精度は低いです。

オールアバウトの質問でも、セレックによるワンデイトリートメントで相当嫌な思いをしたという方をたくさん見かけます。

フロスが引っ掛かりますねよ。

それだけ段差があるということです。これで治療と言えますか?

それなりのお金がかかっているはずですが、それでいい方はいいと思いますが、私のところでは、ワンデイではありませんが、24倍に拡大した状態でも段差がわからないレベルですよ。

この違いによる結果は、実感しなければわかりません。

 

先日も、何か所も歯科を回られた方が、当院でのマイクロエンドの治療を受けられておっしゃった言葉が、「異次元ですね。以前の病院がどれだけ適当だったかわかりました。」と言っていただけました。


[更新日時] 2015年6月8日 ★ category : 審美歯科, 虫歯治療 ★ author : Dr.堀内晃 (72)


審美歯科治療・マイクロエンド・歯根破折修復


審美歯科



こちらは、右上の21の根っこのあたりの腫れとあきらかな歯の破折で来院された方ですが、右上1は完全に根っこの途中で破折していました。右上2は根っこの端にわずかなヒビ割れと根っこの途中に穴があいていました。

 

基本、破折歯は抜歯適応ですが、インプラントもブリッジも避けたいということでしたのでなんとか破折した歯根を修復して歯をかぶせました。

右上1は折れているグラグラの歯を慎重にはずしてからマイクロエンドを行い、ファイバーコアをして仮歯を取り付けるまで一回の処置で完了しました。

右上2については完全破折ではありませんでしたが、慎重にクラウンをはずしてマイクロエンドを行い、ヒビ割れ部と穴を修復してファイバーコア、仮歯まで一回の処置で完了しました。

最終的には、マイクロスコープを用いて形成を行い、ジルコアニアボンドをかぶせさせていただきました。

 


[更新日時] 2015年5月23日 ★ category : 審美歯科 ★ author : Dr.堀内晃 (72)




検索


症状など気になるキーワードを入力下さい



歯科治療の疑問をメールください


今、あなたが直面している歯科治療の疑問を私に教えてください。時間の許すかぎりお応え致します。

疑問をメールする


その他のお問合せはこちらからどうぞ


記事の内容についてや、ドクターからの疑問など、こちらのフォームからお問合せください。

お 問 合 せ



※推奨ブラウザ:Safari(M), GoogleChrome(W), InternetExplorer(W) 詳しくは推奨ブラウザのページをご確認ください
このページのアクセス数: 9382