審美歯科・失活歯・成人


▼治療別 ホワイトニング 審美歯科 虫歯治療



これは、ラミネートベニアと言いましてほとんどの場合、前歯の色合いがホワイ

トニングなどによってもどうしても色調をご本人の要望の色にはならないとき、あるいは形態をきれいに、歯並びを少しきれいにしたいときに行う方法です。

この方の場合は、この前歯2本は以前神経の治療をされていて、隣の歯との間のところもレジン充填で治療されています。

レジンの色は、やはり期間が立つと変色が起こりますし、神経の治療をした歯ではこのように色が染み込んだようになって見た目がよろしくありません。

 

歯を内部から漂白する方法もあるにはあるのですが、残念なことにやればやるほど歯質がもろくなってしまうという欠点があります。

そして、漂白してもまた、期間が立つと色がもどってしまうんですね。

 

この方は、歯がもろくなるのが嫌ということでこのラミネートベニアという処置方法を選択されました。


[更新日時] 2015年6月15日 ★ category : ▼治療別, ホワイトニング, 審美歯科, 虫歯治療 ★ author : Dr.堀内晃 (72)




検索


症状など気になるキーワードを入力下さい



歯科治療の疑問をメールください


今、あなたが直面している歯科治療の疑問を私に教えてください。時間の許すかぎりお応え致します。

疑問をメールする


その他のお問合せはこちらからどうぞ


記事の内容についてや、ドクターからの疑問など、こちらのフォームからお問合せください。

お 問 合 せ



※推奨ブラウザ:Safari(M), GoogleChrome(W), InternetExplorer(W) 詳しくは推奨ブラウザのページをご確認ください
このページのアクセス数: 1124